Coffee

日本帰国時に購入したい東京の自家焙煎珈琲豆店5選

2020年3月29日

⌛この記事を読むのに必要な時間は約4分16秒です。

シンガポールに移住してきて、一番の悩みが美味しい(と思える)コーヒー豆を調達できない事。

下記がシンガポールでも有名と言われている自家焙煎珈琲店だと思いますが、どこもストレートコーヒーを飲むと
個人的には舌先に残る酸っぱさが気になってしまい、リピートに繋がっていません(いまは変わってるかもしれませんが)。
スタバ含めて、エスプレッソやカフェラテ等飲むにはいいお店だと思うし、店内もスタイリッシュで雰囲気はとても好きなお店ばかりです。
ものすごく乱暴に例えるなら、東京の清澄白河周辺で見かけるサードウェイブコーヒー店の味をもっと紅茶に近づけたような感じです。

「Chye Seng Huat Hardware」http://www.cshhcoffee.com/

「NYLON coffee roasters」https://www.nyloncoffee.sg/shop/nicaragua-samaria

「COMMON MAN ROASTERS」https://commonmancoffeeroasters.com/

「Toby's Estate」https://www.tobysestate.com.sg/

「Alchemist」http://www.alchemist.com.sg/

「Dutch Colony Coffee」https://www.dutchcolony.sg/

もちろん、まだまだ開拓できていないだけだと思うのでこれからも探す予定で
下記サイトで紹介されているコーヒー店をとりあえずは制覇したいと思ってます。

■16 Best coffee roasters in Singapore by Timeout

https://www.timeout.com/singapore/restaurants/the-best-coffee-roasters-in-singapore

■Good coffee

https://en.goodcoffee.me/area/singapore/

たまたま、昨日見つけた「タチハラコーヒー」のイルガチェフェは好きな酸味の浅煎りコーヒーだったのでリピートしたいと思います。

ただ、どこを見ても深煎りコーヒー豆は見つからないので、どうしても日本帰国時に大量購入して2週間以内に飲めない分は冷凍保存しておく、といった事をしています。比較的出張で東京に行く機会も多いので、比較的最近購入した東京の自家焙煎珈琲店5選を紹介したいと思います。ただ最近流行りのサードウェイブコーヒーとは逆行するような、深煎り、ネルドリップコーヒーがメインのお店です。

 

1.珈琲屋うず

https://coffee-uzu.shopinfo.jp/

下北沢駅から徒歩10分程度。
恵比寿にあった「Coffee Tram」時代からコーヒーは飲みに行ってたのですが、コーヒー豆を買ったのは前回帰国時に移転後の「珈琲屋うず」が初めて。
店内で飲んだイエメンの珈琲に感動し、おもわず買ってしまいました。
焙煎から3週間は経っている豆で、おすすめは”25gを50ccで抽出”という超ドゥミタスコーヒーで試してみましたが、とても美味しかったです。
エチオピアの豆も買ったのですが、こちらも美味しく、その時々の仕入れの豆と焙煎度合いで出来上がる豆がとても楽しみなお店だと思います。

 

2.Bnei Coffee

https://www.bneicoffee.net/

阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分程度。
エチオピアモカとイルガチェの中深煎りの豆を購入したのですが、どちらもフルーティーさとコーヒーの甘みやコクがしっかり出てとても美味しかったです。
もちろんプロの抽出にはかないませんが、自宅で試しても比較的お店の味に近づけれた気がして、再現性の高さという意味でも淹れやすいコーヒー豆だと感じました。また店内ではコーヒーと一緒に絶品のスイーツも楽しめるし、細部まで拘られた珈琲道具も必見。
珈琲道具は新潟県燕市の「富貴堂」とのコラボ作品で、受注生産品なので世界に一つだけの珈琲道具が作れるようです。
個人的にドリップポットに一目ぼれし欲しかったのですが、値段的に手が出ませんでした。
素敵な珈琲道具はこちらから参照できます。
https://bneicoffee.base.shop/categories/1440001'

3.慶珈琲

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131806/13216229/

富士見ヶ丘駅から徒歩2~3分程度。
大坊珈琲店で修業された方が出されたお店で、青を基調とした落ち着いた雰囲気の店内がいい感じです。
お持ち帰り用の珈琲豆は2度ほどしか行ってませんが、ブレンドのみでした。
とても深煎りの豆で、少し粗目に挽いて飲むのが個人的にはクリアに美味しく飲める印象でした。
店内では大坊珈琲店と同様に、ブレンド珈琲は豆の使用量と抽出量が異なる1番~5番までの珈琲が選べます。
個人的には30g、100ccくらいの濃度が好きですが、その時の気分に応じて20g、100ccにしてみたり、とお店の番号のように家で抽出を変えるのも楽しいです。

4.ダフニ

https://www.daphne-coffee.jp/

田町駅から徒歩5分程度。
「東の関口、西の襟立」と並び称された襟立先生の弟子である店主の桜井さんのお店。
別記事でも紹介していますが、珈琲に憑かれた女性の一球入魂ならぬ「一豆入魂」の焙煎珈琲が購入できます。
https://oneforone-singapore.com/daphne/
個人的にはその時々の仕入れや焙煎日で割と振れ幅がある味だと思いますが、家ではとても淹れやすい珈琲だと思います。
以前購入して感動した「ムニエルモカ」はクリアな味わいの中にもコクや甘みが強く感じられとても好きな味でした。

 

5.ウエスタン北山珈琲店

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13016499/

上野駅から徒歩7~8分程度。
別記事にも書きましたが、貴重なオールドコーヒー豆が買えるお店。
https://oneforone-singapore.com/ウエスタン北山珈琲店/

店内でコーヒー飲んで、オールドコーヒー豆を購入したら結構な金額になってしまうかもしれませんが、ある意味ディズニーランドやUSJに行った後のような高揚感が得られました。家で飲む豆はネルドリップで淹れてまろやかな豆の甘みを楽しむのがオススメです。

他にも最近行ったお店だと「珈琲店 長月」「蕪木」が印象的でした。
どちらもコーヒー豆は購入していないのですが、コーヒー豆を購入しても間違いないお店だと思います。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

-Coffee

Copyright© Coffee & Singapore Life , 2020 All Rights Reserved.