Coffee

ネルドリップ歴10年のコーヒー好きアマチュアがオススメするコーヒー道具

2020年4月9日

⌛この記事を読むのに必要な時間は約3分27秒です。

コロナウィルスで自粛ムードが漂う中、シンガポールも5月4日まで自宅で過ごす時間が圧倒的に長くなる人が大半かと思います。

通勤時間がなくなり時間を有効活用できるようになったので、何か新しい趣味でも始めようかと思っている人は少なくないのではないでしょうか。

この機会に自宅でコーヒーを淹れてみたいと思った方の参考になればと思い、今まで自分自身が家でコーヒーを楽しむのに10年ほど試行錯誤しながら使ってたどり着いた現在のコーヒー道具を紹介したいと思います。

自分の考えとして、まず”美味しいコーヒー”を飲むためにはコーヒー道具や抽出方法よりも自分が美味しいと思えるコーヒー豆を買っているかが重要だと考えているので、道具に関しては正直自分が良いなと思えるものであればなんでもいいと思いますが、読んで頂いた方の少しでも参考になれば幸いです。

コーヒー豆に関しては以下の記事でネルドリップで淹れるのにオススメの深煎りコーヒー店(東京)を紹介してますので併せて読んで頂ければ幸いです。

https://oneforone-singapore.com/jikabaisen/

■ 私的コーヒー道具
①「コーヒーミル」
②「ドリップポット」
③「フィルター」
④「コーヒーサーバー」

 

①「コーヒーミル」

電動のコーヒーミルは実は購入したことがないのですべて手廻しミルになりますが、いままで5種類のコーヒーミルを試した結果、いまは「Comandante」を使用しています。

手廻しミルは電動式に比べて、大量に挽けない、挽く時間がかかる、体力もいる等、一般的に「面倒くさい」と思われますが、性能の良い手廻しミルを使うと、粉が均一に挽けて、挽くときに熱も生じないのでコーヒー粉に対する味の影響は少ないと考えられます。

1万円以上する「カリタ ダイヤミルブラック」「ザッセンハウス」も性能的には悪くないし、インテリアとしても見栄えがいいかもしれませんが、粉の均一性という点では「Comandante」が非常に優れているため、もうほかの手廻しミルは使用しなくなりました。
わかりづらいかもしれませんが、Comandanteで挽いた粉はこんな感じになります。

 

お金もかけずに気軽に始めたいと思われてる方がいれば、HARIOのコーヒーミルで十分だと思いますし、もう少しお金(4000円くらい)を出していいのであれば、ステンレスミルもオススメです。コンパクトなタイプの手廻しミルなので外出先への持ち運びにオススメです。

②ドリップポット

注湯するためのドリップポットです。コーヒーの焙煎豆に含まれる成分をバランスよく抽出するためには「粉のサイズと量」「湯の温度」「抽出時間」の3要素が決め手となるので、「湯の温度」「抽出時間」をコントロールするためにドリップポットは重要になってきます。

尊敬する自家焙煎珈琲店ではカリタの銅ポット1.5リットルを使用されているので、同じポットが欲しかったのですが家で1~2人分淹れるのが目的の自分にとっては、カリタの銅ポット0.7リットルで十分だと思い、こちらを購入しました。

湯量の調節をするために、少し改造(注ぎ口を叩いて細く)を加えてますが、かれこれ10年ほど使用して表面に錆が出ていい味が出ています。
その他ドリップポット使用時に湯温と抽出時間を計ることもオススメです。

③フィルター

一般的にはペーパーフィルターを使用されるケースが多いと思いますが、僕はネルフィルターを使用しています。
ネルとはフランスで発祥し、日本で研究された道具です。京都の「KAFE工船」で購入できるオオヤコーヒー焙煎所のネルドリップセットを使用しています。

Ooyacoffeebaisenjo ネルドリップセット

https://ooyacoffeeassociees.com/information/news/coffee-tools/

④コーヒーサーバー

前述のネルフィルターもすっぽり入るHARIOのサーバーはネルもついてくるのでオススメです。

コーヒーをドリップした後もすぐに冷めないよう銅製のコーヒーサーバーを探していたところ、富貴堂×Bnei Coffeeさんのコラボ商品を発見し現在発注中です。受注生産品のため2か月ほどで届くそうです。

https://bneicoffee.base.shop/items/23627720

 

 

 

まとめ

 

 

 

こだわっている人はもっとめちゃくちゃこだわった道具やオシャレなコーヒー道具を使っているかもしれませんが、以下の道具で十分美味しく淹れられてるので、個人的には満足しています。

「Comandante」「カリタ銅ポット」「オオヤコーヒーネルドリップセット」「HARIOコーヒーサーバー」

ネルって何?と思われた方もいるかもしれませんので、ネルドリップで淹れる理由についても別記事にしましたのでぜひこちらも読んでいただけると幸いです。

シンガポールのローカルコーヒーショップでは主流のネルドリップのすすめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

 

 

 

-Coffee

Copyright© Coffee & Singapore Life , 2020 All Rights Reserved.