Coffee

シンガポールのローカルコーヒーショップでは主流のネルドリップのすすめ

  1. HOME >
  2. Coffee >

シンガポールのローカルコーヒーショップでは主流のネルドリップのすすめ

⌛この記事を読むのに必要な時間は約3分42秒です。

ネルとは

シンガポールのローカルコーヒーショップでこんな「スルメイカ」みたいな道具を見かけたことはないでしょうか?これ、実は割とコーヒー好きな人でも知らないネルと呼ばれるコーヒー粉をお湯で濾すための道具になります。

ネルはフランスで発祥し、日本では出汁を濾すフランネルを使用したことから「ネルドリップ’と言われ研究された道具です。KEY COFFEEさんのサイトを見てみるともともとは一度に大量のコーヒーを作る方法の一つとあるので、おそらくシンガポールでネルが採用されている理由も同じだと想像します。

https://www.keycoffee.co.jp/story/culture/expert/cloth

ネルの特徴

ネルはペーパーと比べるとお湯が抜けやすくコーヒーオイルといわれる油脂分が通りやすいので味がまろやかになる傾向があります。ペーパーだとほとんどが吸収されてしまうコーヒーオイルをネルだと抽出できるのです。このオイルがネルドリップ独特のコクのようなものを生み出します。

ただし、コーヒーオイルすべてが美味しいわけではありません。フレンチプレスなどの方法でもコーヒーオイルがフィルターに吸収されずに抽出されますが、コーヒーの中に含まれているすべての油脂分が濾されずにそのまま抽出されてしまうので、口当たりがあまりいいと感じません。

コーヒーオイルの中にも悪い成分があり、料理で例えるとアクのようなものになります。ネルドリップではアクが抜けたコーヒーオイルの中のいい成分のみが抽出されてコクのような旨味を引き出すのです。

お湯が抜けやすいということはコーヒー豆とお湯の接触時間が短いという事なので、コーヒーの旨味を抽出するには、ゆっくりとお湯を落とす必要があり抽出のテクニックが必要になってきます。またネルは布なので使用後にきちんと水洗いをしないとネルについた脂質が酸化したり、カビが生えたりするので一般的に管理が大変と思われています。

うまく抽出できたネルドリップのコーヒーは、ペーパーやほかの抽出方法では味わえないバランスのとれた味わいになり、ペーパードリップよりワンランク上の味を出せると信じている方も多いとおもいます。

では、どのようにネルドリップを始めればいいのでしょうか。

■ ネルドリップのはじめかた

1.ネルフィルターの購入
2.ネルのおろしかた
3.ネルドリップ方法
4.お気に入りの器に注ぐ
5.ネルの保存方法

 

1.ネルフィルターの購入
まずはネルフィルターを購入しましょう。Amazonで購入可能です。

参考までに僕はオオヤコーヒーオリジナルのネルドリップを使用しています。

COFFEE TOOLS

 

2.ネルのおろしかた
新しいネルフィルターを使うときは、まずコーヒー粉(出がらし)を少々入れて一緒に2分ほど煮ます。ネルについている糊が落ちるのでその後流水で洗い、しっかり絞ってから使用します。ネルフィルターは常に湿った状態にしておくことがポイントです。

 

3.ネルドリップ方法
①ネルの水気を切った後に、ペーパードリップと同じように、自分好みの濃さのコーヒー粉をネルフィルターにセットします。自分の場合は20g、100mlくらいの濃さが好みです(かなり濃いめです)。

②点滴のようなドリップでふちにかからないように中心から外側に向かって渦をかくようにお湯を注ぎ、全体を湿らせて20~30秒くらい蒸らします。

③お湯で盛り上がった表面が沈んで、泡がはじけてきたら2回目のお湯をこれくらいの湯量で注いでいきます(約2分くらい)

4.カップに注いで完成。

お気に入りのカップに注いで完成です。

5.ネルの保存方法

ネルフィルターは絶対に乾燥させてはいけません。流水で粉を落とし、絞った水が透明になるまでよく洗います。自分の場合はその後タッパにお湯を注いで放置します。お湯が室温程度になってきたら冷蔵庫で保存します。ネルフィルターは何度も使用できますが、布が黒くなったり、以前より濃く抽出されるようになり、いつもと違うなと感じたら交換の時期です。シンガポールのコーヒーショップでみかけるネルはいつ見ても交換時期だと思ってるので、一つの目安としてください。

 

ネルドリップ方法に加え、味の決定条件、豆の選び方、抽出方法など詳しく書かれた「おいしい珈琲を自宅で淹れる本」を読んでみるのもオススメです。


あとは、百聞は1飲にしかず、という事でまずは自分が美味しいと思えるネルドリップで淹れているコーヒー店に行って、コーヒーを淹れている姿を見てみることもオススメします。

ネルドリップで丁寧に淹れられたコーヒーの美味しさを一度味わっていただければ、今までペーパーで飲んでいたコーヒーとの違いにびっくりされると思います。ちなみに僕は10年前に京都の「KAFE工船」のネルドリップコーヒーに衝撃を受けてネルドリップを始めました。東京だと以下で紹介したお店はすべてネルドリップで淹れているお店なのでぜひ一度お店に伺ってコーヒーを飲んでみることをオススメします。

 

日本帰国時に購入したい東京の自家焙煎珈琲豆店5選

 

さらに違う味を追求したい方へはネルドリップで淹れられた「オールドコーヒー」がオススメです。コーヒーの生豆を何年も熟成させた「オールドコーヒー」と「ネルドリップ」との相性は抜群です。こちらの「ウエスタン北山珈琲店」ではその至高の1杯が頂けますので是非一度試してみるのはいかがでしょうか。

注文の多い「ウエスタン北山珈琲店」で2600円のフルコースコーヒーを味わった話

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

-Coffee

Copyright© Coffee & Singapore Life , 2020 All Rights Reserved.